ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンはリン脂質であり、細胞膜の成分である。これは、細胞周期シグナリングにおいて、特にアポトーシスとの関係において重要な役割を果たす。

構造

ホスファチジルセリンはリン脂質である。これは、グリセロールの第1および第2の炭素とエステル結合した2つの脂肪酸と、グリセロールの第3の炭素とのホスホジエステル結合を介して結合したセリンからなる。

植物由来のホスファチジルセリンと動物由来のホスファチジルセリンは、脂肪酸組成が異なります。

生物学的機能

細胞シグナリング

ホスファチジルセリンは、酵素フリッパーゼによって細胞膜の細胞質側に面して積極的に保持される。しかし、細胞がアポトーシスを起こすと、ホスファチジルセリンはもはやフリッパーゼによってサイトゾル側に限定されない。代わりに、スクランブラーゼは、両側の間のホスファチジルセリンの迅速な交換を触媒する。ホスファチジルセリンが細胞の細胞外表面に反転すると、マクロファージが細胞を貪食するシグナルとして作用する。

凝固

ホスファチジルセリンは血液凝固において役割を果たす。循環血小板が傷害の部位に遭遇すると、コラーゲンおよびトロンビン媒介性の活性化は、内膜層からのホスファチジルセリンの外部化を引き起こし、凝固促進表面として働く。この表面は、凝固プロテアーゼ、具体的には組織因子および第VII因子を配向させ、さらなるタンパク質分解、第X因子の活性化、および最終的にはトロンビンの生成を促進するように作用する。

凝固障害スコット症候群では、PSを内側の血小板膜表面から外側の膜表面に輸送するための血小板の機構が不完全である。これは、トロンビン合成の患者の欠乏に起因する軽度の出血性疾患として特徴付けられる。

生合成

ホスファチジルセリンは、アミノ酸セリンをCDP活性化ホスファチジン酸と縮合させることによって細菌中で生合成される。哺乳動物において、ホスファチジルセリンは、ホスファチジルコリンおよびホスファチジルエタノールアミンとの塩基交換反応によって生成される。逆に、ホスファチジルセリンは、動物においてホスファチジルセリンからホスファチジルコリンを生成する経路が肝臓でのみ作用するが、ホスファチジルエタノールアミンおよびホスファチジルコリンを生じさせることもできる。

食品中の成分

西洋諸国の食物からの1日の平均ホスファチジルセリン摂取量は130mgと推定される。 PSは肉や魚に見られることがあります。白豆および大豆レシチンを除いて、酪農製品または野菜には少量のPSしか検出されない。

サプリメントとして

健康強調表示

欧州食品安全局(European Food Safety Authority)のパネルは、ホスファチジルセリンの摂取と「高齢者の記憶と認知機能」、「精神的健康/認知機能」、「ストレス低下と記憶機能の強化」の間に因果関係が確立できないと結論付けたその理由は、ウシの脳皮質および大豆ベースのホスファチジルセリンは異なる物質であり、したがって異なる生物学的活性を有する可能性があるため、PSを用いた研究の結果は一般化することができない。

認知

2003年5月、食品医薬品局(FDA)は、ホスファチジルセリンに対して「適格健康強調表示」ステータスを与え、「ホスファチジルセリンの摂取は高齢者における認知症および認知機能障害の危険性を低減する可能性がある」と免責条項と併せて「非常に限られた予備科学研究は、ホスファチジルセリンが高齢者の認知機能障害のリスクを低下させる可能性があることを示唆している.FDAは、この主張を支持する科学的証拠はほとんどないと結論づけている。

FDAは、「公的に利用可能な科学的証拠の全面的評価に基づいて、ホスファチジルセリン認知症または認知機能障害のリスクの低下との関係が有資格専門家間で重要な科学的合意がないと結論づけている」と宣言した。 FDAはまた、「FDAの評価の基礎となった10件の介入研究のうち、すべてに重大な欠陥や1つ以上の信頼性の限界がある」と指摘し、「ほとんどの証拠は、ホスファチジルセリンと還元このような関係を裏付ける証拠は非常に限られており、予備的である」と述べている。

記憶および認知に対するホスファチジルセリンの初期の研究は、ウシの脳から分子を単離した補足物を使用した。現在、市販されているほとんどの製品は、ウシの脳組織における狂牛病の懸念から、キャベツや大豆で作られています。これらの植物ベースの製品は、ウシ由来のサプリメントと類似しているが同一ではない化学構造を有する。例えば、FDAは、「大豆レシチン由来のホスファチジルセリン分子は主にポリ不飽和​​酸を含み、ウシ脳皮質由来のホスファチジルセリン分子は主に飽和および一価不飽和脂肪酸および長鎖多価不飽和脂肪酸を含む」と述べている。

1999年のラットの予備研究では、大豆由来のホスファチジルセリンサプリメントは、ウシ由来のサプリメントと同じくらい効果的であることが3つの行動試験の1つで示されました。しかし、ヒトの臨床試験では、「S-PSの毎日の補充は、記憶障害または記憶障害に罹患した高齢者の記憶機能または他の認知機能に影響しない」ことが分かった。

安全性

伝統的に、PSサプリメントはウシの皮質由来であった。しかし、感染症の転移の可能性があるため、大豆由来のPSサプリメントが代わりに使用されています。大豆由来のPSは、FDAによって一般に安全と認識されていると指定されている。 2002年の安全性報告では、高齢者の場合、1日に3回200mgを安全に補給することが決定されました。